読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーしぐさ

31歳になった女が好きなときに好きなことを書くブログです

A3!を始めてみた

前回あんスタを地味にやり続けている、という話を書きましたが

 

rarirurerario.hatenablog.jp

 最近ツイッターのタイムラインでよく見かけて気になっていた「A3!」というゲームを始めてみました。

【公式】A3!(エースリー)

(エースリーって読むんですね、ずっとエーサン!て読んでた。エーザイ!みたいな)

 

あんスタはアイドル育成ゲームですが、A3!は若手俳優の育成ゲームです。2017年1月末にリリースされたばっかりのホヤホヤ、なのに2017/3/15時点で250万ダウンロードを突破してるとか。

えっ、待って、あんスタって今どんくらいダウンロードされてんだろ。。。って調べてみたら、最新のダウンロード数はわかりませんでしたが、2016年9月の時点で200万ダウンロード突破。。。いや、負けとる!勢いで負けとるぞあんスタ!

リリースされてから2か月も経ってないのに、もうすぐ2周年を迎えるあんスタを軽々と越えている勢いは単純にすごいなあと思います。リリース前のプロモーションの仕方とかでも変わってくるもんなんですかね。。。

 

そしてA3!、実際やってみると、なかなかおもしろい。

潰れかけている劇団を主人公(プレイヤー)が総監督として立て直していく、というストーリーで、まだ始めたばっかなのでメインストーリもろくに読めてないですが、フルボイスなのもあって世界観に入りやすい。

"稽古"という形でプレイヤー自身のレベルと一緒に俳優たち(カード)を育成できます。新密度というのを上げていくと、カードごとにキャラクターとプレイヤーとのストーリーも読める。(これが地味に良い)

 

そして何より、「オート機能」がある!!!ここ大事です、私にとって。

あんスタはひたすらタップタップの作業ゲーですが、A3!は稽古にオートボタンがあり、それを押すと勝手に進めてくれます。途中でストーリーが発生した場合は止まりますが、全てストーリーを消化すればその後止まることはありません。

このオート機能があれば、料理をしながら、ドライヤーで髪を乾かしながら、歯磨きをしながら、あらゆる場面で"ながら"ゲームができるのです!すばらしい!オート機能で圧倒的成長!

 

あんスタとA3!どっちもやってる人多いなーと思ってたんですが、なるほどA3!がこういう仕様ならやりやすいもんな。逆にあんスタと同じ仕様だったら、あんまり並行できないです。どっちかがおろそかになってしまうと思います。

 

でも、A3!をやってて感じたんですけど、すごい既視感がある。。。

アイドリッシュセブンていう、別のアイドル(育成?)ゲームアプリを以前やってたんですが、それとゲームのシステムや全体的なデザインが似てるんですよね。

メインページとか、フレンドの仕組みとか、あとカードデザイン(絵柄ではない)とか。もしや運営が同じなのか?と思って調べましたが、どうやら違うぽい。まあアイドリッシュセブンはリズムゲーなのでまた違うカテゴリにはなるのかな。

あと、私自身そんなに同じ類のアプリゲームをダウンロードしてきたわけではないので、大体こういうデザインが一般的なのかもしれません。

 

余談ですが、DMMが2016年9月にリリースした「ヴィドッグコード」というアプリゲームがありまして、探偵を育成!というコンセプトに惹かれて事前登録までしてリリース後すぐにプレイしたんですけど、完全にあんスタと同じ仕様だったんですよね。。。まあそれを抜きにしてもあんまり面白くなくって、すぐやめてしまったんですけど。

ほんでこの前久しぶりにタイムラインでヴィドッグコードって流れてきてなんだと思ったら、なんとサービス終了してました!!!リリースしてから半年も経ってないのに!なにが原因なのかわかんないですけど、2周年を迎えるゲームもあれば、半年もせずに終わっていくゲームもある。厳しい世界っすな!

 

A3!はキャラクターが若手俳優だから今後2.5次元に確実に展開してくるだろうなー。というか、2.5次元のブームがあるからこそ、たくさんの人に刺さったゲームなのかもしれない。そういった意味ではすごいゲームだなと思います。

 

ちなみに、わたくし茅ヶ崎至推しです。よろしくおねがいします。